Meiji

단행본: 지진국가 (2006)

단행본: 지진국가 (2006)

Editors’ Note: This is a Korean translation of a Teach 3.11 annotation. We invite volunteers to translate and/or contribute content in Korean, Japanese, and Chinese languages. Thank you. (한국어, 일본어, 중국어로 기존의 내용을 번역하거나 새로운 내용을 기고할 자원활동가를 찾고 있습니다.)

BOOK: Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras (2007) [English]

BOOK: Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras (2007) [English]

Kim, Boumsoung 金凡性. 2007. Meiji · Taishō no Nihon no Jishingaku: “Rōkaru · Saiensu” o Koete. 明治・大正の日本の地震学―「ローカル・サイエンス」を超えて [Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras].  Tōkyō Daigaku Shuppankai. 東京大学出版会 [Tokyo University Press]. 日本の科学全般が西欧に追いつこうとしていた明治時代、日本の地震学は世界のトップを走っていた。どのようにして日本の地震学が、あるいは地震学者・大森 房吉が世界において中心的な位置に立てたのか、そしてなぜその中心的な位置からはずれたのかをダイナミックに論じる。

BOOK: Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras (2007) [Japanese]

BOOK: Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras (2007) [Japanese]

Kim, Boumsoung 金凡性. 2007. Meiji · Taishō no Nihon no Jishingaku: “Rōkaru · Saiensu” o Koete. 明治・大正の日本の地震学―「ローカル・サイエンス」を超えて [Beyond Local Science: The Evolution of Japanese Seismology During the Meiji and Taisho Eras].  Tōkyō Daigaku Shuppankai. 東京大学出版会 [Tokyo University Press]. 日本の科学全般が西欧に追いつこうとしていた明治時代、日本の地震学は世界のトップを走っていた。どのようにして日本の地震学が、あるいは地震学者・大森 房吉が世界において中心的な位置に立てたのか、そしてなぜその中心的な位置からはずれたのかをダイナミックに論じる。