risk

책: 재난 전문가들 (The Disaster Experts) (2013)

책: 재난 전문가들 (The Disaster Experts) (2013)

  Knowles, Scott Gabriel. 2013. The Disaster Experts: Mastering Risk in Modern America. University of Pennsylvania Press. 이 책에서 스캇 놀즈는 미국에서 재난 전문가—보험 감정사, 과학자, 관료, 도시 계획자, 사회과학자 등 다양한 직군의 전문가들—들의 탄생하는 과정을 설명한다. 그는 1860년부터 현재에

映画: 小さき声のカノン-選択する人々 (2015)

映画: 小さき声のカノン-選択する人々 (2015)

ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ-世界の終わりに』(2003)、『六ケ所村ラプソディー』(2006)、『ミツバチの羽音と地球の回転』(2010)など、福島原発事故以前から原発問題を追っている鎌仲ひとみ監督による最新作。福島に残ることを選択した母親たちを中心に、子どもを被曝から守るための方法を探る人々の姿が描かれる。キーワードは「保養」である。

文章:“ 冷静客观的工作”:对原子辐射生物学效应研究的首次协谈 (中文摘要)

文章:“ 冷静客观的工作”:对原子辐射生物学效应研究的首次协谈 (中文摘要)

文章:“ ‘冷静客观的工作’:对原子辐射生物学效应研究的首次协谈” (Hamblin, 2007) Jacob Hamblin, “‘A Dispassionate and Objective Effort’: Negotiating the First Study on
 the Biological Effects of Atomic Radiation,” Journal of the History of Biology 40, no. 1 (March 2007): 147-177. Jacod Hamblin在这篇文章中从一个侧面检查了20世纪50年代对公众环境中安全原子辐射水准进行辩论的历史。文章内容集中在美国国家科学院1956年的报告《原子辐射生物学效应》(Biological Effects of Atomic Radiation,

BOOK: Disaster and the Politics of Intervention 『災害と介入における政 治』

BOOK: Disaster and the Politics of Intervention 『災害と介入における政 治』

Lakoff, Andrew, ed. 2010. Disaster and the Politics of Intervention. New York: Columbia University Press. アンドリュー・レイコフ編(2010)『災害と介入における政 治』コロンビア大学出版. 本書は「大災害に至るリスクを軽減するために公共機関によって行われる介入の役割」(1頁~2頁)について様々な観点から論じている専門書である。本書は編者のアンドリュー・レイコフ(南カリフォルニア大学准教授)による序文に加えて以下の論文によって構成されている。 Chapter 1: “Beyond Calculation: A Democratic Response to Risk,” by Sheila Jasanoff. Chapter 2: “Private Choices, Public Harms: The Evolution of National