Post-Fukushima Nuclear Politics in Japan

Aldrich, Daniel, James Platte, and Jennifer Jennifer. “Post-Fukushima Nuclear Politics in Japan, Part I.” Blog. The Monkey Cage, April 1, 2013. http://themonkeycage.org/2013/04/01/post-fukushima-nuclear-politics-in-japan-part-i/. In this three-part blog post, Daniel Aldrich, James Platte, and Jennifer Sklarew summarize development in Japanese politics, bureaucratic organization,

本:「フクシマ」論 (2011)

本書は日本の原子力の分析を通して日本の戦後成長における地方の自発的服従の歴史的形成過程を考察した学術書である。著者は、原子力を地方に導入したい「中央」とその原子力を受け入れ維持したい「地方」によって構成される原子力ムラという概念を提示しながら、「戦後成長の基盤」としての原子力(経済)「地方の統治装置」としての原子力(政治)「幻想のメディア」としての原子力(文化)という視座から、戦後日本における原子力を分析している。

記事: Hatoko comes home: Civil society and nuclear power in Japan

被爆地である広島からそう離れていない山口県上関町がいかにして1980年代初頭に原子力発電所を誘致するに至ったかを検証した研究である。1974年4月、日本放送協会(NHK)は朝の連続ドラマ「鳩子の海」の放映を開始した。この連続ドラマは、広島で被爆した後に山口県上関町の住民の養子となった少女(平和のシンボルの鳩から「鳩子」と名付けられる)が成長する過程を描いている。

書:《井中毒藥:核能時代開啟時的海中放射性廢棄物》(中文摘要)

Jacob Hamblin的著作《井中毒藥》一書描述了從第二次世界大戰到1972年倫敦公約(London Convention)間,科學家與政治家如何處理核能廢料問題。透過聚焦於美國與英國,Hamblin細緻地描繪科學社群、政治領域裡持續成長的衝突,與公眾對海中放射線廢棄物處置議題的覺醒。不甚熟悉此議題的讀者心中應會浮現以下問題:它是安全的嗎?諸多國家這樣做是不對的嗎?禁止它是正確的嗎?