Judul: The Energy of a Bright Tomorrow’: The Rise of Nuclear Power in Japan (Energy Terang Masa Depan: Bangkitnya Tenaga Nuklir di Jepang)

Judul asli: Nelson, Craig. 2011. “‘The Energy of a Bright Tomorrow’: The Rise of Nuclear Power in Japan.” Origins 4 (9) (June). http://ehistory.osu.edu/osu/origins/article.cfm?articleid=57. Origins, jurnal Universitas Negeri Ohio yang diterbitkan secara online (dengan slogan “Kejadian-kejadian Kontemporer Dalam Perspektif Sejarah) menerbitkan

本:The Nuclear Age in Popular Media: A Transnational History, 1945-1965

本書は大衆メディアに描かれた原子力をめぐる言説を比較研究的かつ越境史的観点から分析した専門書である。編者であるディック・ファン・レンテ(エラスム ス・ロッテルダム大学教授)によると、これまでの大衆文化における原子力イメージの研究の多くは、一国内における原子力イメージの分析にとどまり、その越 境的側面にはあまり注目してこなかった。

本:「フクシマ」論 (2011)

本書は日本の原子力の分析を通して日本の戦後成長における地方の自発的服従の歴史的形成過程を考察した学術書である。著者は、原子力を地方に導入したい「中央」とその原子力を受け入れ維持したい「地方」によって構成される原子力ムラという概念を提示しながら、「戦後成長の基盤」としての原子力(経済)「地方の統治装置」としての原子力(政治)「幻想のメディア」としての原子力(文化)という視座から、戦後日本における原子力を分析している。

FILM: Nuclear Ginza (1995)

Röhl, Nicholas. 1995. Kakusareta Hibaku Rōdō: Nihon no Genpatsu Rōdōsha. 隠された被曝労働 – 日本の原発労働者 物語 [Nuclear Ginza]. YouTube video, 30 min, posted by “aikoku369”, Mar 30, 2011, from http://www.youtube.com/watch?v=TC7sFNtGk4A Nicholas Röhl, a student of Japan’s master director Imamura Shohei, produced this 30-minute documentary