本:日本はなぜ原発を輸出するのか (2014)

鈴木真奈美(2014)『日本はなぜ原発を輸出するのか』、平凡社新書。

筆者は、フリーランス・ジャーナリストであり、英語と中国語の翻訳者である。彼女は核をめぐる問題に積極的に取り組んでおり、代表的な著作として『核大国化する日本——平和利用と核武装論』(2006年、平凡社新書)や「『フクシマ・エフェクト』:『脱原発社会』への道を歩み出す台湾」(『現代思想』、44(7)、194-204)などが挙げられる。

ARTICLE: 災害資本主義の発動 二度破壊された神戸から何を学ぶのか?

本論文はナオミ・クラインの「災害資本主義」という概念に依拠しつつ、3.11の復興に付随する「大規模な社会的再編」について歴史的脈絡に即して分析した論考である。筆者によると、1995年に発生した阪神淡路大震災で破壊された神戸の街は、「復興」の名目のもとで組織的に公共事業などによって再び破壊され、震災の後に起きた自然と災害をめぐる科学論争も経済と行政権力の論理によって蹂躙された。筆者は、このような大災害を契機とした「組織的収奪」を促進する「災害資本主義」が3.11後の日本でも発動され、「総力戦体制の構築が行われる」と警鐘を鳴らしている。

ARTICLE: Danger in the Lowground: Historical Context for the March 11, 2011 Tōhoku Earthquake and Tsunami (2011)

Smits, Gregory. 2011. “Danger in the Lowground: Historical Context for the March 11, 2011 Tōhoku Earthquake and Tsunami.” The Asia-Pacific Journal 9 (20), May 16. http://www.japanfocus.org/-Gregory-Smits/3531 In the days and weeks following the disaster on March 11, 2011, the Japanese popular press revisited

ARTICLE: ‘The Energy of a Bright Tomorrow:’ The Rise of Nuclear Power in Japan (2011)

Nelson, Craig. 2011. “‘The Energy of a Bright Tomorrow’: The Rise of Nuclear Power in Japan.” Origins 4 (9) (June). http://ehistory.osu.edu/osu/origins/article.cfm?articleid=57. Ohio State University’s online journal Origins (tagline: “Current Events in Historical Perspective”) has published a highly accessible article by

ARTICLE: Chernobyl’s Survivors: Paralyzed by Fatalism or Overlooked by Science? (2011) [Japanese]

Petryna, Adriana. 2011. “Chernobyl’s survivors: Paralyzed by fatalism or overlooked by science?” Bulletin of the Atomic Scientists 67 (2): 30 -37. DOI: 10.1177/0096340211400177. Available at http://bos.sagepub.com/content/67/2/30.abstract. チェルノブイリ原発事故後のウクライナで調査した人類学者の論文。要旨は、国連などの放射能被害調査では、「危険性への誤った見解から生じるストレスが被害を甚大化させた」という論調で被害の決着化を図るが、1)そのような結論は被曝を回避するためにとった人々の行動と努力を無力化する、2)日本の原爆被害調査を鑑みれば、結論を出すにはさらに長期間を要する、3)ソ連崩壊・市場経済導入で長期にわたるデータ収集が断絶された、4)安全な被曝限度は時代と政治体制の文脈で変化する、5)被害補償を求める身体の政治化が継続している、などの理由で、放射能被害を今後も直視し続ける必要がある、と主張。 This is an article by Adriana Petryna, an anthropologist who conducted field work

ARTICLE: Chernobyl’s Survivors: Paralyzed by Fatalism or Overlooked by Science? (2011) [English]

Petryna, Adriana. 2011. “Chernobyl’s survivors: Paralyzed by fatalism or overlooked by science?” Bulletin of the Atomic Scientists 67 (2): 30 -37. DOI: 10.1177/0096340211400177. Available at http://bos.sagepub.com/content/67/2/30.abstract. This is an article by Adriana Petryna, an anthropologist who conducted field work in

BOOK: A Social History of Nuclear Power: Its Development in Japan (1999)

Editors’ Note: A new edition of this book was published in 2011 by Asahi Shimbunsha after  this annotation was originally posted.  Yoshioka, Hitoshi 吉岡斉. 1999. Genshiryoku no shakaishi: sono Nihon-teki tenkai. 原子力の社会史―その日本的展開. Asahi Shinbunsha. 朝日新聞社. Hitoshi Yoshioka gives an overview and

FILM: Explaining the Nuclear Accident to Kids – Nuclear Reactor Boy’s Upset Stomach (2011)

Hachiya, Kazuhiko. 2011.  Unchi, Onara de Tatoeru Genpatsu Kaisetsu: Onaka ga Itakunatta Genpatsu-kun. うんち・おならで例える原発解説〜おなかがいたくなった原発くん [Explaining the Nuclear Accident with Farts and Poop – Nuclear Reactor Boy’s Upset Stomach]. YouTube video, 4:34 min, posted by GenkiRadio, Mar 16, 2011, http://www.youtube.com/watch?v=5sakN2hSVxA& This short animation by the media

BOOK: Atomic Bomb Surveys Under American Occupation: How Japan Became a Nuclear Aggressor (1995)

原爆投下から原爆医療法ができるまでの期間は被爆者にとって暗黒の十年であったといわれる。このうち七年間、日本はアメリカ軍に占領されていた。本書はこの時期に何があったのかを被曝者を対象とした原爆調査の歴史から検証し、原爆加害国であるアメリカに協力していった原爆被害国日本の加害性を問うものである。